カツオ @SpringBootとVue.jsでWebサービス開発中

起業、転職、サラリーマン生活、Webサービス、アプリ、働き方、プログラミング、Java、JavaScript

キャリア 社会

サラリーマンの定年が70歳になるそうな

投稿日:

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35011340V00C18A9MM8000/
政府が労働者が希望すれば原則70歳まで働けるように制度の整備を進めることがニュースになった。なんともまぁショッキングな話です。多様な働き方を後押しするのが狙いとあるが、本当にそれが意図なのか。

狙いは年金受給開始年齢の引き上げか

正直、年金受給年齢の引き上げが狙いにしか思えない。少子高齢化のため、年金原資が不足しているのではないだろうか。原則70歳まで働ける状態とは、年金受給開始も原則70歳開始となることを意味しているように思える。
さらなる年金受給開始年齢の引き上げも可能性としてはあり得るのだろうか。70歳よりも上でないともらえないとなると、今、なんのために年金収めてるんや!という気持ちもしてしまう。将来貰えなくてもいいから、今収めるのを止めさせてくれという意見もあるだろう。

70歳まで働くこと自体への考え

私は70歳まで働けるなら働きたい派だ。もちろん仕事は選びたい。サラリーマンではないかもしれない。好きな仕事(最低限、嫌で嫌でたまらないような仕事以外)であれば仕事は継続したいと思う。定年して社会との接点がなくなると一気に老け込んでしまうなんて話もよく聞く。とくに男性。仕事ばかりしてきた仕事人間が、定年退職で半ば強引に社会との関係を断たれたときに、やることがなにもなかった。みたいな話はよく耳にする。社会と緩くでも接点を持ち、なんらかの役割を与えてくれる仕事は人として生きていく上ではあった方がいいものだと思う。

どんな仕事なら70歳まで続けたいか

まさか70歳でどんな仕事をしたいかなんて考える日が来るとは…。だが今から将来のプランを立てれれば、有利に動くこともできるはず。時間もまだたっぷりあるので、じっくり考えて行動しよう。

今の仕事を70歳まで続けるのは正直辛い

私は現在は東京のWebベンチャーでWebサービスの企画を担当している。この仕事を70歳までやっていきたいとは正直思わない。その理由は以下だ。

  • 70歳が企画できるのか?30代の私からすると、70歳の老人が考えたWebサービスを使いたいと思えない。
  • 70歳まで勉強し続けることができるか。この業界は次々と新しい技術やサービスが生まれ、それに追随していく必要があるが、70歳まで出来るとは思えない。
  • 東京の出勤が辛い。東京の電車通勤は絶対に避けたい。(今も)

どんな仕事が理想なのか

70歳で働くとして、どんな仕事ならやれるだろうか。いや、どんな仕事をしていたいだろうか。私が思う70歳でも続けたい仕事の条件は以下だ。

  • 70歳でも成果を上げることができる
  • 仕事や業界の変化スピードが遅く、今までの経験や知識を活かして価値を発揮できる
  • 通勤などの負担が少ない。もちろん肉体労働はNG。

書き出してみると、上記した「今の仕事を70歳まで続けるのが正直辛い理由」の真逆だ。条件はいいとして、具体的には何だろなという問題が残る。

サラリーマンを辞めて地方の職人になるのはどうか?

伝統工芸品の職人なんてどうだろうか。陶芸だったり、日本酒だったり、衣類だったり様々あると思う。伝統工芸の世界であれば、一度身に着けた技術の仕事での寿命は長いのではないか。なんせ、「伝統」を謳っている業界だ。変わらないことを逆にアピールしているようなものではないか。
ただ勤務地が東京で電車通勤が必要となると意味がない。満員電車は地獄だ。老人には耐えられない。そのため、地方が最適だ。車で通勤しよう。
ただ、現職とはかけ離れていて、今の知識が活かせない可能性がある。70歳で職人になるためには遅くても50歳にはどこかで修行していないとダメであろう。しかも地方が理想となると地方で修行が必要になる。現職の東京都の仕事と並行して地方の職人に弟子入りするってのは相当つらいな・・ 地方の職人に本気でなりたければ、脱サラして弟子入りするしかない。
地方の職人は70歳の仕事としては魅力だが、そこに至るまでに修行に付く必要がある。これをどのタイミングで、どういう状態(脱サラ?or仕事と並行?)でやってくかが課題。

やっぱり、理想は経営者か?

理想は経営者か。経営者であれば会社の代表として常に成果はついてくる。というか会社の成績と同期する。お金持ちだから東京であっても通勤は楽だろう。
それに年配の経営者で活躍されている方も多い。アメリカ出店と大躍進を遂げている「いきなりステーキ」の一瀬社長は67歳(1942年生まれ)。ライフネット生命の出口会長は60歳でライフネットを立ち上げた

まあ、理想だよね… 理想を言えばキリがない。
ヒット企業の経営者になれるくらいなら、70歳まで何の仕事しようか?なんて悩みとは無縁な気がする…
だけど、私は経営者目指したいな!

さいごに

経営者目指して頑張ります。

-キャリア, 社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【副業】会社員の副業に塾講師が流行るかも

塾講師が減ってきている 塾の先生はタブレット 人手不足、影響じわり  講師がいない教室で教える学習塾が出てきた。講師の代役をタブレットが務め、生徒のレベルに応じたカリキュラムを提供する。人手不足の影響 …

no image

【下着】男性にお勧めのインナーはベージュだ

6月も後半に差し掛かり、暑さが日増しに強くなってきました。仕事着はスーツから、シャツやポロシャツだけといった軽快な装いになってきたかと思います。昨今ではスーパークールビズも定着し、ほとんどの職場でノー …

no image

【会議】会議を効率化する11の方法!

効率的に会議していますか? やたら会議が多くて、打ち合わせだけで気づけば定時過ぎてたみたいなことありませんか?その会議は本当にあなたが出席するべきでしょうか?効率的、かつ計画的に会議を進行できています …

no image

2020年プログラミング教育必須化で日本はどう変わるのか

日本では2020年にプログラミング教育が小学校で必須化されます。国をあげてIT技術力を高めようとしている意思を感じられ、一応IT業界にいる私としては嬉しく思っています。プログラミングスキルが正当に評価 …

no image

堀江貴文氏の「他動力」と、企業で人気の人材について

堀江貴文氏の『多動力』が発売前に2万部の重版が決まり、すでに5万部を突破する、異例の売れ行きとなっている。 あらゆるモノがインターネットにつながることによって出現したのは、全業界のタテの壁が溶けてなく …