カツオ @SpringBootとVue.jsでWebサービス開発中

起業、転職、サラリーマン生活、Webサービス、アプリ、働き方、プログラミング、Java、JavaScript

Web サービス ブログ 起業

自分のWebサービスを開発したいという想い

投稿日:

私は今年で33歳。会社員勤めも1度転職をしたが、合計して9年目になる。

自分のWebサービスを開発したい。自分の屋号を持ち、自分のサービス、ビジネスを立ち上げたい。世の中に自分のサービスを出し、あっと驚かせたい。そんな想いでここ数年ほど頑張ってきた。

実は学生時代にWebサービス(Webサイト)を作っている

私が学生時代に作成したWebサービス:無料flash素材のkatsulabo

Webサイト作成者向けにサイトに埋め込めるFlash素材を配布していた。Webサイト向けの素材サイトだ。サイトのログを見るとサービス開始したのは2009年の1月とある。となると制作に取り掛かっていたのは2008年からだろう。もう10年前のことなのかと目頭が熱くなる。

flash素材サイトは多分10サイトくらいはあったと思う。基本はWebエンジニアやデザイナが運営。その中に学生で参入したのは私くらいだろうと自負している。当時は自分が作った素材が多くの人にダウンロードされたり、サポート掲示板に感謝のメッセージを頂いたりするのが本当にうれしかった。flashの設置方法が分からないなんて問い合わせにも1件1件真剣に向き合いサポートした。素材も夢中で作り続けた。ただただ楽しかった。

広告収入も月に1万円くらいはあった。学生には助かったし、友達にも自慢していた笑。俺はWebで稼いでいるぞって笑。

企業から制作の依頼がきたこともあった。5万円でこんなパーツ作ってほしいみたいな依頼だ。学生かつ完全に独学でやっていた私は、相場も分からなければ手続きも分からない。また何か作るのはいいが、お金を貰って納品したのに不具合を出したりしたらどうなるんだろう?って、とにかく不安がいっぱいだった。だから当時は断っていた。今思えば、経験として1回くらいはフリーランス的な受託開発やっててもよかったかもなぁ。

大手SI企業に就職する

大学(正確には大学院だが)を卒業し、そのまま就職した。個人でWeb制作やってたので、ITを使ったデカい仕事がしたいと思い、大手SI企業に入社した。これが今となっては失敗だったのかな。

就職した当時は個人のWeb制作活動を続ける気満々だった

本当にやる気まんまんだった。むしろ理系の大学院だったので、夜中まで研究とか普通だった。就職して研究から解放されるのでもっと個人の開発できるなぁって期待に胸を膨らませていた。会社は寮だった。入寮する前からネットで近くのカフェ探したりして楽しみで仕方なかった。

初任給(現場配属前の研修時代)では新しいノートPCを購入した。しかもAdobeのFlash CS3というflash開発用のソフトも買った。たしか3,4万くらいだったと思う。学生時代には手が届かなかったが就職したら絶対買おうと決めていたものだった。

現場に配属になり全てが変わった

完全なる炎上プロジェクトだった。平日は23時までは絶対帰れなかった。寮は職場から1時間はかかる場所だった。最寄り駅に着くと日が変わってる。量と会社を往復し、ひたすら炎上プロジェクトの雑用をこなす毎日だった。

Web制作活動は完全に止まってしまった。

SI企業でのキャリアは順調だった

結果的に勤続丸8年で退社することにしたが、私はSI企業に向いていた。コミュニケーション力もそこそこあったし、自分でプログラミングをやってきたのでシステム理解も高かった。向いていたせいで評価も高く、給料もよかった。出世も最短だった。それが行動を遅らせた。

SI企業時代にもWebサービスを作っている。そこそこヒット。

いろいろあって、今はそのサービスから私は完全に離脱することにしたので、サービスの名称やURLは割愛するが、2015年から開発し始め、2016年にリリースした。スポーツ関連のサービスでかなりのビックキーワードでGoogle検索1位を獲得している。今でも1位だ。利用者も月に1万人程度となっている。

このサービスはSI企業の同僚と2人で立ち上げた。今は私の相方がサービスを引き取り拡大にまい進している。(もしかすると、このサービスを軸に起業するかも)

この同僚とは私が社会人1年目のときから付き合いがある。よく2人で将来は独自のサービス作って起業しようと話ていた。しかしお互い忙しく何もできない日々が続いたが、30歳になる年に、このままではダメだと強引にサービス開発を行ったものだ。

先述した通り、私はこのサービスからは完全に離脱した。理由は色々あって気が向けば別の記事にする。端的に、自分で好きなものを創りたいと思ったからだ。このサービスは2人で立ち上げたが、アイディア自体は同僚のものだったのだ。

私は自分で考えたアイディアを世に出し、世間をあっと言わせたい。

過去を振り返ってみて

自分はモノヅクリ好きなんだなとあらためて思った。学生時代からやってきたWeb開発が就職しても継続できていればもっと違う今があったかもなと本当に悔やまれる。だが、SI企業で学んだことも無駄にはならないと思う。ITではあったし、開発手法や技術知識も学べた。大規模システム向けではあるが笑。

ここ最近の活動について

色々と頑張ったなと思っている。この2年くらいは本当に忙しかった。サービスアイディアを練ってビジネスコンテストにもいくつか出た。

SI企業ではなく、Webサービスの立ち上げや運営が学べるようにWebベンチャーに転職もした。

だけど、サービスはローンチできていないままだ。

宣言したい

2018年のうちに新しいWebサービスをローンチしてみせる。

もはや、今まで起業について話してきた人々たちへの意地やプライドなのかもしれない。だけどやってみせる。絶対にローンチする。

-Web, サービス, ブログ, 起業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【one】レシート1枚10円で買ってくれるアプリONE。色々話題性十分だが…類似アプリも存在します。

レシートをアプリの写真に撮ると、どんなレポートも10円で買い取ってくれる神アプリ「ONE」。6/12にAppストアに公開され大きな話題になっている。   社長は天才高校生起業家 Tweets …

no image

【起業】新規Webサービスの立ち上げは忍耐だ

私もいつかは起業を夢見ているサラリーマンの1人です。新しいWebサービスのアイディアを考えたり、誰かと議論したりするのって本当に楽しいですよね。 アイディアを考えたり、デモを作ってみたりというところま …

no image

【LINE】ユーザー向けサービスやってるならLINEチャットアプリを導入すべき理由

ども!Webサービス事業会社で企画を担当していますカツオです。といっても転職したばっかなので見習いみたいなものです。 最近、企業のLINEチャットアプリ増えましたよね。有名処としてはヤマト運輸とドミノ …

【1分間ピッチ】印象を残し、成果を挙げるプレゼン方法とは

こんにちは。カツオです。 今回は1分間ピッチといった、参加者30名とかが自分のアイディアを次々にプレゼンしていくような場で、成果を挙げるための考え方を記載してみたいと思います。 先週、起業コンテストに …

no image

【転職】大手システムベンダーからWebベンチャーに転職します

今日から新年度のスタート。新生活を始める方も多いのではないでしょうか。かく言う私も新生活を始める1人。私の場合は8年間勤めた大手システムベンダーを退職し、本日からWebベンチャーの事業企画部で勤務する …