【転職】転職して消耗してるサラリーマンはもっと遠慮を捨てたほうがいい

投稿者: | 2018年6月10日

こんばんは。カツオです。今年の4月に転職しました。

転職社が多い会社なので同じタイミングで入社した転職同期が15名ほどいます。ありがたいことです。

転職同期とこの前飲みに行ったのですが、入社2か月目の壁みたいな話をしている人がいました。なんでも職場の人間関係や、仕事の進め方が前職と違っていて、やり辛さを感じているようです。また、前の職場がけっこう先進的なことをやっていた部分もあったようで、今の職場に対して、なぜこんな非効率なことやってるんだ!という憤りのような感情も持っているようでした。

転職して消耗するなんて勿体ない。そんなサラリーマンには「なにを遠慮しているの?」と言いたいです。

転職したら最初はやり辛いのは当たり前

厳しいことを言うようですが、最初はやり辛いでしょう。新卒で入社した会社で、長く一緒にやってきた同僚を絶ってるわけですから。どの会社でもそうだと思いますが、会社や職場独自のルールや仕事のやり方ってのはあるはずで、それは慣れていくしかない。

こういう職場独自のルールとかって、その職場で働いている人からすると当たり前になっています。特別なものだと感じていないため、転職者に対して特別こうしてくださいみたいな説明がなかったりします。転職者からすると、この点は辛いですよね。ただ、転職者は自ら望んで環境を変化させたわけだから、多少は新しい環境に馴染むまでは、自分でいろいろと試行錯誤をしてみて、自分なりに上手く回るようなポジションを探さないといけないと思います。

それに今まで積み重ねてきたサラリーマンの経験が活きるはず。一緒に働くメンバを選べないのはサラリーマンの辛さでもありますが、いろんな人とコラボレーションすることは慣れているはず。

サラリーマンが転職して感じる違和感は会社にとって有益な気づき。遠慮したら勿体ない。

転職者は無能ではないですよ。もともとなんかしら仕事をしてきていて、その仕事の経験が認められないと次の職場の面接にも合格しないですからね。その転職者が入社したときに感じる違和感というのは、的外れなものではないと思います。

気づき自体はいいと思うのですが、入社したばかりでは、その気づきを具体的な改善活動につなげていくことは相当難しいと思います。転職者は、最初に感じた違和感とかを記録しておくのがいいと思います。職場に慣れてきたときに、そのメモを見て過去に感じた違和感を思い出し、職場に慣れた今でもやはり違和感に感じるか考え直し、それでも変わらないなら行動に移せばいいと思います。

転職者は、今の会社以外も知っているということは大きな強みだと思います。前の会社の価値観で今の会社を見て、問題があると感じれば行動するというのは、今の会社の成長につながるでしょう。

前の会社の価値観のもと提案しても失敗することは多いと思います。しかし、検討した結果の判断と、何もしないというのはレベルがまったく違います。採用されなくても検討してみるだけで十分価値があることは多いものです。転職者はぜひ遠慮しないで自分の意見を発言していきましょう。

逆に前の職場の経験で発言して自分の評価につなげましょう。今の職場にはあなたが前の職場で経験したことを経験した人はいないんです。その領域においては、あなたがNo1です。消耗しているなんて勿体ない。遠慮せず発言していきましょう。

サラリーマンは転職先で消耗してるくらいなら、また転職すればいい

一度転職できているんだから、次も問題なく転職できるはず。嫌なことをひたすら我慢して仕事するくらいなら、さっさと辞めて次の仕事を探した方がいいです。

ただ、次の仕事を探し始める前に、せっかくリスクを冒して転職した会社なんだから、自分の好きな仕事をやってみる方がいいと思います。わたしも転職2か月になりますが、上司から渡された仕事だけでなく、独自に会社への提案を進めています。すでに本部長までは説明しました。これも失敗しても、まあ辞めればいいかなって正直思いながらやってます。言われたことだけやっても楽しくないので、刺激的な会社員生活を送るために、好きな仕事をやるのはいいと思いますよ。

そのためには遠慮を捨てて自分のやりたいことを発言していきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です