非エンジニアの私が個人開発で利用する技術(firebase+Vue.js)について

投稿者: | 2019年5月6日

こんにちは。かつおです。本業はWebベンチャーで企画やWebディレクションをやりつつ、趣味で個人開発でWebサービスを作ってます。

かつおの普段のお仕事について

本業の仕事内容がフワッとしていますが、競合サービスや市場の調査みたいなマーケティングっぽいことや、自社サービスをどうしていくかとか、どんなキャンペーンやるかとかの企画とか、自社開発案件のマネジメントとか何でもやってます。ただコーディングだったりデザイン作成したりといったエンジニア、デザイナー的なことはやってないです。

かつおとプログラミングについて

HTML、CSS (2009年~2012年くらいまで)

独学ですが色々いじれてます。HTML5関連で追加された機能は使えません(´;ω;`)

大学時代(2009年くらい)から自分でWebサイトをHTML、CSS完全手打ちで作ってました。私が大学時代のときはBootStrapもまだ出始めだったはずで、そこまで人気なかったはず。当時はみんな手打ちでコード書くか、fc2ブログとかSeesaaブログみたいなブログサービスでブログサイトを作っていた印象です。私は硬派なので自分でlolipopを借りてサイト作ってました。当時作ったサイトですが、一応まだオープンにはなっています。そろそろクローズ予定です(´;ω;`)

かつおが大学時代に作ったサイト:「無料flash素材のkatsulabo

Java (2016年~2017年くらいまで)

2016年くらいからですが、JavaのSpringBootを使ったWebアプリケーションの開発にトライしました。独学&趣味の話です。

Javaを選択した理由ですが、当時はSI企業に勤めていました。SI企業ではJavaはもっとも使われている言語。本業の勉強にもなって一石二鳥だろうと安易に考えJavaを選択しました。

けっきょく約1~2年くらい色々勉強したり作ったりしましたが、Javaへの理解もプログラミングスキルもあまり上達した気がしませんでした。なにか新しいことをやりたいとなると、すぐ詰まるのでJavaで開発していくのは相当つらかったです。eclipseを使って開発していましたが、なぜかeclipseも急に動かなくなるし…聴ける人も周囲にいなかったってのも辛かったな。。

今思うと、なんとか動くものはできるかもしれないが、私レベルのスキルでは自らやり方を調べて実装していくことも困難だし、開発スピードが全く出せなかったです。

また、サーバーにデプロイするハードルも高かった。インフラまったく触れない私にはサーバーでJavaプロジェクトを動かすやり方ってまじ分からなかった。結局、同僚に設定してもらいましたからねw

この時は、フロントはJavaのテンプレートエンジンであるTymleafをメインで使ってました。RestAPIにした部分はjQueryで頑張る感じでしたね。

Ruby on Rails (2017年にちょろっと)

2017年くらいだったと思うのですが、Javaに限界を感じたので、人気が高そうだったRuby on Railsに切り替えようとUdemyで講座を購入しまして、Ruby on Railsの学習をスタートしました。たしかSNSみたいなWebアプリを実際に作ってみよう的な教材だったと思います。結局、講座のアプリを写経して1回作りました。… それっきりです(´;ω;`)

rubyを始めて触るレベルだったのでrubyになれることができなかったですし、

フレームワークのコマンドの理解がない中、フレームワークの機能使ってDBにテーブルとか作ったりしてたので自分のアプリの場合どうやって操作すればいいのか理解できなかった。。

ということでRuby on Railsも大してちゃんとやらずにドロップアウトした経験が実はありました(´;ω;`)

Vue.js + firebase (2018年~今に至る)

そして2018年になり、Vue.jsとfirebaseに出会いました。

出会い以降、最初はUdemyで勉強したりもしましたが、今では、ほぼストレスなく扱うことができていて開発もスピーディに進めることができています。

ストレスなく扱うことができるというのは、おおよそ以下ができていると思ってください。

  • 通常使うコードは特に調べたりせずにも書ける
  • はじめて扱うようなものはネットを調べることで導入することができる

いやあ、非エンジニアの私でもここまで使える技術、最高です。もちろん私が気づいていない深淵の世界もあるとは思うのですが、とりあえず動くWebサービスを何本か作れているので使えてると言わせてくださいませ笑

 

これらの出会いですが、自分で調べて見つけたわけではありません。それぞれ別の人なのですが、この技術が良さそうだよって教えてもらったことで知りました。技術力はなくても好きで作ってるアピールはしていたので周囲も認知してくれて教えてくれたんだと思います笑。本当に幸運だったと思います。サーバーサイドとインフラ面に苦手意識の強かった自分にはとても適した技術構成だったんだろうなぁと思います。サーバーサイドのプログラム全く作らなくても動きますからね。フロントの実装に主に時間を割くことができます。

firebaseは本当にいろんな機能があってどれも導入は簡単です。

  • ログイン(パスワード忘れた人はこちら みたいなのも簡単に設定できる)
  • SNSログイン
  • データベースの構築(NoSQLでクセが強いが)
  • 画像などファイルのアップロード
  • データへのアクセス制御(セキュリティ)
  • 静的ファイルのホスティング(HTTPSデフォ)
  • functionsによる裏処理(Node.js)

私がこの1年で作る中で使った機能たちです。Ruby on Railsには挫折しましたが、firebaseはストレスなく使い続けることができています。

Node.js (2018年~今に至る)

こちらはVue.js+firebaseよりは後になってちょろっと勉強しつつ何本か実装しています。といってもVueと同じJavascriptですし、パッケージ管理も同じNPMを使ってやってますのでストレスなく進められています。Node.jsはfirebaseのfunctions用に使うのがメインなのですが、実は本業でも使っていたりします。といっても製品向けのコードとかではなく、個人的にデータ分析する際にエクセルだと量が多すぎて厳しいときとかにNode.jsでスクリプト書いて分析するとかそんなライトな使い方です。ただ、めっちゃ便利ですね。Javascript最高って思ってます。

さいごに

なんかテーマが良く分からないブログみたいな記事になってしまいました。とにかくVue.js+firebaseの組み合わせは、JavaにもRuby on Railsにも挫折した私にも使えているので、Webサービス作りたいんだけど何勉強したらいいか分からんって人にはおススメです!!まずはVueから勉強するといいと思います!


カツオが開発したWebサービスです。

「セールサーチ」ネットショップのセール情報の検索サイト!

平成の想い出を気軽に年表にしてシェアすることができるサービスです。ぜひ使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です