カツオ @SpringBootとVue.jsでWebサービス開発中

起業、転職、サラリーマン生活、Webサービス、アプリ、働き方、プログラミング、Java、JavaScript

サービス

2018年ぐるなびが熱すぎる!!Google、楽天、インスタ、ミシュランと次々連携!!!

投稿日:

職業柄Webサービス関連のニュース記事やプレスリリースを意識するようにしているのだが、最近の「ぐるなび」凄くないかという話です。ニュースでぐるなびで〇〇を開始!!ぐるなびが〇〇と連携!!みたいなのをよく見るように思います。どのような事業展開をしていて、どんな狙いがあるのか妄想してみようと思います。

ぐるなび2018年超熱いよ!!

ぐるなび、楽天と外食サービス新規加盟店開拓において提携(2018年5月8日)

出典:元ネタ

このプレスリリースが出る前から、ぐるなびと楽天はポイントの交換ができるという連携を行っていました。その連携を外食サービス面にまで広げるというものです。

楽天もRakooというグルメサイトを運営しているのですが、ぐるなびに比べるとまるで知名度が低い。今回の連携では、ぐるなび加盟店はぐるなびの管理画面からRakooにも掲載できるようになるというもので、お店情報を増やしたい楽天にとってはとても利のある連携といえるでしょう。

一方、ぐるなびにとってもメリットは多いです。1つは楽天の豊富な資金力。ぐるなびは2018年3月の決算では利益の大幅な減益を出しており、業績的に苦しいといわれていました。楽天と提携することで資本が安定することは間違いありません。現に、2018年7月には楽天はぐるなびに40億円もの出資を行っています。ぐるなびは自らの命ともいえる飲食店情報を渡す代わりに資本を強化し、さらなるサービス強化への投資を行うつもりだったのではないかと思われます。

肝心の飲食店にとっては、ぐるなびと楽天の連携はどうだったのでしょうか?私見になりますが、Rakooに掲載できるというのは飲食店にとって大きなメリットではないように思います。無料なら喜ぶ飲食店もあるでしょうが、おそらく課金されますし。楽天はECの会社と知られていますが、実は店舗決済に強みがある会社です。こんな端末を普及させていたりEdyを持っていたりします。この辺の決済関連がぐるなび加盟店だと安く使えるとかだと、かなりメリットは大きいでしょうね。楽天としてもリクルートやLINEなどのライバルが多い分野ですから、普及のためにキャンペーンを打つことは考えられるのではないでしょうか。

「Alipay(支付宝/アリペイ)」とアクワイアリング契約を締結(2018年6月18日)

出典:元ネタ

中国で圧倒的に普及しているキャッシュレス決済サービスである「Alipay」との連携です。これにより、ぐるなび加盟店でAlipayで支払いが可能となります。これはヤバいですね。中国人観光客はAlipay使える店を優先するでしょうから、飲食店からすると非常にメリットが大きいです。日本ではキャッシュレス決済は決済全体の2割程度ですが、中国では6割を超えています。中国人にとってはAlipayが使えるということで店を選ぶこともあり得るでしょうね。また、アリババグループのアプリ上にぐるなびの情報が掲載されるようで、飲食店からすると露出も増えますので、メリットしかないと思います。

職場の飲料自動販売機で近隣レストランに宅配弁当を注文できる法人向け新サービス「宅弁」を共同で開始(2018年7月5日)

出典:元ネタ

サントリーとの共同運営サービスのようです。オフィスに設置する自動販売機からレストランの弁当を注文でき、注文した弁当はランチタイムに職場に配達されるというサービス。

これは流行るのか…!?とは正直思いましたが、ナイストライ!ですね!!

弁当提供に参加しているレストランにメリットが大きいサービスなんじゃないかなと個人的には思いました。だって、近くのオフィスのサラリーマンたちに自分の店の料理を食べてもらうことができるんですよ?これで気に入ってもらえれば、ランチやディナーや宴会の際に自分の店への来店につながります。近所のオフィスのサラリーマンって飲食店からしたら1番の優良顧客だと思うんですよね。そこに自分たちの武器である料理を食べてもらうというハードルを下げている。ほんとに大きなメリットだと思います。

サラリーマンにとっても、まあメリットなんでしょうね。普段と違うものが手軽に食べれるので。どんなな料理がいくらで食べれるのか次第な気もしますが。

流行るのかは…正直、なんともいえないですね。。

日本初!! ぐるなび・Instagramが予約機能で連携(2018年10月2日)

出典:元ネタ

インスタのビジネスプロフィール上に席を予約するボタンを追加し、そこからぐるなびのネット予約ができるようになるみたいです。こんな感じ↓

この連携、やばすぎるだろ と言わざるをえないですね。ほかのグルメサイトは乗り出さなくてもいいのでしょうか。。

インスタとの連携でぐるなびが得られるものは計り知れません。

  1. 新たな客層の獲得。ぐるなびはサラリーマン中心の利用だったのですが、インスタは若い女性。今までは食べログやRettyといったSNSよりなグルメサービスがシェアを持っていた層です。この層に圧倒的に支持されているインスタ。そのインスタの客層を取り込むことができるようになります。
  2. 圧倒的に支持されている口コミ情報の獲得。インスタは写真SNS。写真がすべて。いいねと言われるためにユーザーはおしゃれな写真を必死に撮りアップします。ただオシャレなだけではいけません。インスタは実名利用が基本です。だからこそ、オシャレなだけでなく中身も伴うもの、本当に自分がイケてると思えるものに投稿が厳選されています。だからユーザーの信用してインスタを検索するのです。いわば、圧倒的に高品質な口コミ情報の集まりです。ぐるなびは口コミという点では食べログやRettyに後れをとってきました。それを覆す力をもった連携かもしれません。

あとはユーザーにとっても普通に便利ですよね。インスタで検索した流れで予約までできるんですから。友達とインスタの写真で盛り上がった流れで、「じゃあ、いっちゃう?」「いくいくー」みたいなノリで飲食店予約しちゃうこともあるかもしれません。

この連携、やばいです。

ぐるなび、「ミシュランガイド公式リスト」とネット予約連携開始(2018年10月9日)

出典:元ネタ

本家ミシュランガイドの公式アプリにぐるなびのネット予約機能を提供し、アプリ上でネット予約が可能になったようです。見た目的には目新しい話ではないと思うのですが、重要なのは、今後はミシュランガイドに掲載される高級かつ超人気店がぐるなびの予約台帳を選択する可能性が高まるという点ではないでしょうか。いくら多くの店が掲載されていても人気の店が掲載されていないとグルメサイトとしての価値は下がります。今後は「ミシュランガイドに掲載されるような人気店」がぐるなびに掲載されているという看板を手に入れることができます。

また、ぐるなびはネット予約をいち早く導入していた反面、レビューなどの評価が弱く、食べログやRettyに押されていたという背景がありました。今後は「ミシュランの評価」を手に入れることができるはずで、ぐるなびへうまく融合させることができれば、グルメサイト「ぐるなび」の価値が高まる可能性を秘めています。弱点強化ですかね。

ぐるなび、「Googleで予約」で 飲食店のオンライン即予約サービスを開始(2018年10月23日)

出典:元ネタ

これはガチでヤバすぎるだろ。新時代の幕開けか!?と感じてしまうほどすごい連携です。GoogleMapからぐるなびの予約ができるようになります↓

これ、ネット予約全部持っていかれるんじゃねってくらいのインパクトを感じます。Googleってプレイス情報のレビュー集めけっこう凄くて、どんなレストランにも何らか評価ついているイメージです。しかもグローバルなので、英語のレビューも多く、外国人にも向いています。

ぐるなびの狙いは?

すごいサービスと連携しすぎだろと思っちゃいますが、ぐるなびの強味である「ネット予約」や「飲食店とのリレーション」を活かしていたり、強化することができる連携ばかりですね。一方で元来はグルメサイト「ぐるなび」がユーザーとの唯一の接点(UI)だったわけですが、そこを既存の人気サービスに展開することで、結果、ぐるなびのネット予約の利用を増やしている。飲食店目線からすると、ぐるなびと契約しとけば、Googleやインスタといった超人気サイト(サイトというレベルではないかもしれない)からの予約を受けることができるわけです。飲食店目線のグルメサイトの大本命になったのではないでしょうか。

ぐるなびの戦略は、ユーザー接点を既存の人気サービスにシフトすることで、掲載店の露出と予約を増やし、ネット予約と飲食店向けサービスのさらなる普及・価値拡大を狙ってると思われます。

いやぁ、ぐるなび2018年飛ばしすぎだろ~。まじすごい。今回調べていて本当にすごいと感じましたよ!!

-サービス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【アイディア】スタートアップでヒットするアイディアとは?

スタートアップとして世の中に生を受けた後に残念ながら、消えていってしまうものは多いです。スタートアップなんて10回チャレンジして1回ヒットすればいい。みたいな考えなのかもしれません。しかし、やるからに …

【炎上PJ】システム開発会社に入社し初期配属先がまじでヤバかった話②

【炎上PJ】システム開発会社に入社し初期配属がまじでヤバかった話① 前回の記事の続きになります。カツオが初めて配属されました炎上プロジェクトのやばかった話の続きを書かせていただきます。 プロジェクトメ …

【インバウンド】進む飲食店の外国人観光客向け対応。東京都も本気になっているよう。

これ、京都の飲食店の看板です。外国の看板みたいですよね。 京都に旅行に行っていたのですが、外国人観光客が本当に増えたなぁという印象でした。経済効果があるのでいいことですけどね。京都の飲食店は外国人観光 …

自分のWebサービスを開発したいという想い

私は今年で33歳。会社員勤めも1度転職をしたが、合計して9年目になる。 自分のWebサービスを開発したい。自分の屋号を持ち、自分のサービス、ビジネスを立ち上げたい。世の中に自分のサービスを出し、あっと …

【one】レシート1枚10円で買ってくれるアプリONE。色々話題性十分だが…類似アプリも存在します。

レシートをアプリの写真に撮ると、どんなレポートも10円で買い取ってくれる神アプリ「ONE」。6/12にAppストアに公開され大きな話題になっている。   社長は天才高校生起業家 Tweets …