会社員にストレスは大敵!うまくコントロールするには

投稿者: | 2017年6月11日

あなたは大丈夫?長い会社員生活。健康で乗り切るには。

以前、本ブログでも記事にしましたが、長い会社員生活を健康で過ごすためには、ストレスコントロールが重要になります。今回はストレスをコントロールするための考え方やコツをあげてみます。

ストレスの原因を受け入れる

過去にやってしまったことへの後悔や、自分に降りかかった困難を嘆くことを、まずはやめることが重要です。そのためには後悔していることを自分なりに割り切って受け入れるように考えることが効果的です。

私は就職してからも、趣味でスポーツをやっていたのですが、全治半年の怪我を負ったことがあります。そのときは何で私がと後悔もしましたが、怪我してしまったことを受け入れ、将来どうしようかなと考えました。どうせ趣味でやっていただけのスポーツだし、やめて新たな人生のステージに進めということなのかな、ビジネス面で活躍できるようにシフトしていこうかな、スポーツしていた時間を自己投資へ変えてスキルアップを図ろうかなと、むしろ前向きに考えるように努力しました。

「神は乗り越えられない困難を与えない」といいます。上記した私の体験からも見えるように、降りかかる困難はある意味では人生を変えるきっかけであったり、分岐点という側面があります。だから悩むのは仕方ないとは思いますが、悩む際に過去をくよくよするのではなく、どうやって将来を豊かにしていこうかと考えられるといいと思います。

その日1日に集中する

1年後はどうなるだろ?10年後は頑張れてるかな?といった感じに未来のことを不安がることから悩みにつながり、ストレスが生じます。未来のことなんて誰にも解らないですし、今考えても何もできないのです。私たちに出来ることは、生きている今日という日をどう生きるかだけです。今日という日を、何年も先の未来を悩むだけで過ごして何か意味があるのでしょうか?今日、どう生きるかということに集中してください。そして、今日をうまく生きることのできたなら、自分を褒めてあげてください。

頭をリセットできる時間を持てるとよい

スポーツだったり、友達との時間であったり、カラオケで思い切り声を出すだったり、自然に癒されるだったり、人それぞれでいいですが仕事の頭をリセットできる時間が持てるといいと思います。私の場合はランニングがそれに当たります。ランニングをしていると、自然と頭の中を無にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です