仕事をやってて、やっぱ人脈って武器なんだなって思った話

投稿者: | 2017年6月29日

人脈って大事って実感してますか?

みなさんは仕事を進めるうえで人脈って大事だなって実感したことはありますか?私はシステムエンジニアをやっています。自社で開発部隊をやっていたときは、友達や同期とは愚痴を言い合ってストレス発散にはなっている程度の間隔でした。しかし、最近になって私一人でとあるプロジェクトに参画することとなり、人脈ってすごいんだなって感じる体験をしましたので紹介します。

それは色んな会社が協力し合いながら進めている最先端技術を結集したプロジェクトだった

IT技術ってのは進歩が速く、いろんな会社が様々な業界において日々切磋琢磨しています。今回私が担当することとなったプロジェクトは、お客様企業がプロジェクトマネジメントをしながら10くらいの企業が部分的に自分たちの技術を提供し合い、とある分野で最先端なシステムを構築しようというものでした。規模が大きいうえに技術的に商用展開した事例がないものが多く、参考にする事例もないため、なかなかうまく進まない状況でした。

いける!と思っていた技術であっても、1週間後には、やはりダメでしたみたいな回答が担当会社から出てくるなど、最先端を行くがあまり、迷走している感を感じずにはいれませんでした。

そんな中、プロジェクトをけん引する人は人脈がすごい人物だった

そんな迷走している状態で、ともすれば企業間の責任の押し付け合いが起きたり、一部の企業の撤退が起きそうな状況の中、プロジェクト全体をまとめているのは、お客様会社のメンバーではなく、お客様会社が雇っているとあるプロジェクトマネージャ支援メンバであった。その方は日本を代表する企業のご子息であり、ご自身も博学で状況判断も的確であった。その方が、こうあるべきだ、ビジネスとしてはこうだ、みたいな発言を各分野の専門家たちに浴びせるのだが、各分野の専門家である会社の代表たちは特に反論もできない状態になり、解決に向けて、その方の指示を真摯に受け止めるのだ。それは、そのプロジェクトマネージャ支援メンバの人脈がすごく広く、その場にいる会社の社長や会長との人脈があるからだった。自社の社長や会長との人脈があるため、その場にいるメンバはその人に反論することができず、打ち合わせの場では言われるがままの状態となっていた。

人脈がその人に与えるもの

はじめて人脈による影響力のすごさを目の当たりにした。色んな分野に知り合いがいて情報が入ってくる程度が人脈の力かと思っていたが、今回目の当たりにしたのは、人脈による相手の支配だ。経営層レベルの人の結びつきというのは周囲への影響が極めて大きく、新しいサービスや技術の創出に大きく寄与しているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です