【転職】中途入社者が重要なのは成果よりも慣れること!

投稿者: | 2018年4月27日

4月のお仕事お疲れ様でした!!
今日でゴールデンウィーク突入のみなさん、お疲れ様でした!
新入社員の方や中途入社で新たな人生をスタートさせた皆さん、本当に1か月お疲れ様でした!
慣れない環境って本当に疲れますよね。
私も4月から転職し、右も左も分からない環境で仕事してきましたがマジで疲れました…

転職って転職そのものがチャレンジだなぁって感じます。
とくに異業種への転職は大変。仕事の内容が違うのは当たり前だけど、仕事の進め方ややり方も全然違う。
前提として必要な知識もまるで違います。まさに新しい人生ですね笑

 

新しい職場で1月働いてみて、新しい職場での立ち上がりに一番重要なことを再認識しました。

それは、「慣れる」ということ。

中途採用の場合、会社からは即戦力となることが求められます。即戦力になろうと張り切って仕事しようとしても、あれ?うまく進められないぞって状態に直ぐに陥ることでしょう。いきなり成果を求めても達成することは困難です。

それは、知識や能力がある人でも、仕事の最初から最後までを一気通貫でやり遂げられる人なんて会社にはいないからだと思います。会社の仕事は個人事業と比べてスケールが大きいです。1人で完結できるようなことは、ほぼありません。

この仕事を進める上での色んな人との連携をできるだけスムーズにできるようになることが、仕事をバリバリこなせるようになる前に必ず必要になります。これが「慣れる」ことの重要性です。新しい環境では、まずは周囲の人の仕事の進め方や、考え方、職場の暗黙のルールなどを感じ取り、慣れることで、色んな人との連携がスムーズになり仕事を進めやすくなるはずです。

 

また、転職先の会社はあなたが入社するまでにも事業を回してきた訳で、過去の検討の積み重ねがあります。転職者が入ってすぐ思いつくアイディアなんて過去に検討されている可能性が高いでしょう。

ですが、なにが検討されてきたのか、どういう検討結果だったのかみたいな話って情報として網羅的に管理されてない可能性が高いです。検討レベルのもだと集約管理されないですし、会話レベルで終わる可能性も高いですので。ただ過去の経緯も当然重要な資産です。これを転職者が把握するには、先輩社員から引き出すしかないと思います。一人で仕事を抱え込まず、周りを巻き込みながら進める姿勢が重要になります。ここでも職場の人たちとの連携が重要なのです。

 

職場に「慣れる」前提として、職場の人と友好的な関係性を築くことは最重要です。転職者にとって急務です。

変に肩ひじを張らず、自然な形で接することができれば全然問題ないとは思います。

職場の人からしても中途入社者が早く立ち上がってくれないと困るってのもあります。また、転職できた人は最初から何でも仕事できるんだろうと過度な期待なんてしていないという側面もあります。立ち上がりは時間かかるよねみたいに優しく見守ってくれるスタンスでいてくれてると思います。私の上司なんて、「1年くらいしないと、よく分からないから!」みたいにあっけらかんと話してくださり、だいぶ気持ちに余裕ができました。

 

とりあえずGWゆっくりと休み、5月から早く1人前になれるよう、早く職場に慣れることを頑張りましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です