【コミュニケーション力】美容師さんとの会話はコミュニケーション力鍛錬の場なのではないか

投稿者: | 2018年5月13日

こんばんは。カツオです。

このお休みで散髪をしてきました。

突然ですが、美容室での会話ってけっこう難しくないですか?

おそらく美容師さん側の方が難しいと感じているだろうし、お客さんに話しを合わせてくれているとは思います。でも、お客側からしてもけっこう気を遣いますよね。

話しが中途半端に切れちゃうと微妙な空気になるし、適当な話題を探しても、どちらかが知らない話だと絶対に盛り上がらない。このような厳しい状況で話を盛り上げるというのは、全ての企業のビジネスパーソンに求められていると噂のコミュニケーション能力の鍛錬の場と言えるでしょう。

共通で盛り上がれる話題(イコール、お互いがそこそこ知っていること)を引き出すことができれば、その場の会話は盛り上がるでしょう。要は、いかに共通で盛り上がれる話題を引き出すかがポイントです。初対面の人とかと話したりする機会が多い営業向けのコミュニケーションの練習の場になるのではないかと思います。

美容室でのコミュニケーション実践

今回はこんな感じで盛り上がることができました!(たぶん)

美容師さんは私よりも2つか3つくらい年下の女性の方です。

 

私「美容師って子供のころからやりたかった仕事なんですか?」

美容師さん「いやぁ、そんなでもないですよ。子供のころの夢って普通なこと書いてたと思います」

私「みんな野球選手とかサッカー選手とかですよねぇ。女性はお嫁さんとかも多かった!」

美容師さん「そうそう。お嫁さんって夢かよって感じ。なりたい仕事とは違いますよね。」

美容師さん「最近だとYoutuberも人気職業みたいですよ。時代も変わりましたね。」

私「そういえば、観てるYoutuberって何かあるますか?」

美容師さん「実は、この店で流行ってるYoutuberがいて…替え歌の人なんですけど。。」

私「もしかしてタスクコマじゃないですか?」

美容師さん「そう!タスクコマ!!」

 

とまさかの、Youtuberのタスクコマさんが共通の話題だったようで、以降はタスクコマトークで盛り上がりました。無難な会話からスタートして興味をなんとか探れないかと意識しながら会話しました。Youtuberが人気職業なんですよねって話が美容師さんから出たときに、もしかしてYoutube観てるんじゃないかと推察し、Youtuberトークに移行することができました。

 

ちなみにタスクコマですが、替え歌Youtuberで人気です。

歌もうまいのですが、原曲に対する替え歌の内容のチョイスがおもしろすぎます。

他にも面白い替え歌が大量にあります。

 

美容室でのコミュニケーション実践(続き)

その後、担当の美容師さんがほかのお客さん対応へ。アシスタントの方がシャンプーとかドライヤーとかやってくれてその際にちょっと会話したのですが、厳しかった!女性の方なのですが19歳らしく、共通の話題を探すのが厳しい…それに声もちょっと小さくて何言ってるか聞き取りづらい…

めっちゃ若い人とのコミュニケーションってどうすればいいんだ?これは課題だなー

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です