【リーダー】リーダーは感情を表に出せ!

投稿者: | 2017年6月6日

woman-1401616_640

チームのリーダーを任された方、感情のコントロールはどのようにしていますでしょうか。そもそも感情は表に出すべきか。リーダーシップを発揮することに感情が必要なのか。みなさん、どのように考えているでしょうか。

私は、よいリーダーは感情表現を上手く使って、チームメンバーを動かしていると考えます。感情表現は1つのコミュニケーションツールです。武器です。うまく利用すべきです。

では、どういった点で感情表現がリーダーシップを発揮することの武器になるのでしょうか。

そもそもリーダーシップとは何か

man-797056_640

「何をやるか、なぜやるか、を明確にし、決めた方向にチームメンバーを向かわせること」がリーダーシップであると考えます。言葉にするのは簡単ですが、実現することは非常に困難です。様々なビジネスの局面では何をやるべきかを決定することほど難しいことはありません。答えが解かっているなら簡単ですが、そんなことはありえません。リーダーたちも悩みながら進むべき道を決めているのです。

悩みに悩んで何をやるかを決めたとします。しかし、チームメンバーがその方向に向かわなければ、決めたことを実現することはできません。どうやってチームメンバーをリーダーが考える方向に進ませるか。ここで武器になるのが感情です。

感情をもって、メンバーに情熱を伝えよう

チームメンバーでともに行動する際、理屈で行動理由を納得しているよりも、一緒に頑張るんだ!といった情熱を共有することができているチームの方が結束が強く、アウトプットの質が段違いに高いです。メンバー個人個人が自律的に行動することができ、成功する可能性を高めることができます。

ここで情熱をメンバーに植え付けるために必要となってくるのがリーダーの感情です。

ときに本気で悔しがり、成果が出れば一緒に馬鹿みたいに喜ぶ。そんな人間的な一面がチームの情熱を一つにすることに大きく貢献します。

メンバーが傷つく感情表現は絶対NG

ここで気を付けてほしいのが、チームメンバーに向けた負の感情は絶対NGということです。チームメンバーのちょっとした失敗にすぐイライラしたり、出来の悪いメンバーにガッカリしたり、メンバーが傷つくような感情の出し方はダメです。気を付けましょう。

 

感情はリーダーの武器です。チームを動かす力になります。うまく使いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です