【後輩社員】チームを成長させる後輩の褒め方

投稿者: | 2017年6月10日

women-1209678_640

出世されたり、チームを任されたりしている方、後輩との接し方いついて悩まれたことはないでしょうか。後輩育成、チームビルドはリーダーの重要なミッションの1つです。自らのリーダーシップを発揮し、高い生産性を出せるチームとしていくためにも後輩育成に真摯に向き合いましょう。

褒めるということ

後輩育成において褒めることは重要で効果的だと考えます。日本人はお国柄のせいなのか基本的には褒めることが苦手です。外国で仕事してみると分りますが、ちょっと資料の見た目を良くしただけで、「ファンタスティック!!」みたいなお褒めの言葉がポンポン出てきます。ここまで何でも褒めろとは思いませんが、必要なポイントではしっかり褒めてあげましょう。

褒めるポイント

後輩を褒めるポイントは、チームとしてのあるべき姿を描き、その方向に沿った行動をしてくれたタイミングだと考えます。

私がリーダーをするに描く、チームのあるべき姿ですが、「自律的に行動できる組織」を常に目指します。この方針に沿った行動をしてくれた場合は褒めるようにしています。(というか、意識せずともうれしくなって褒めてしまいます。)具体的には、なにか作業を指示した際に、自分の想像を超える成果を出したり、いやこうした方がいいですよといった改善提案を出してきた場合などなど、自分で考え行動する姿勢が見られた際、内容が微妙でもその姿勢を褒めるようにしています。ここで褒めたりせず真っ向から意見を否定するような人には、後輩たちは何も意見することをしなくなり、結果としてチームの成長はなくなります。

褒める際の注意点

褒めすぎ注意

なんでもかんでも褒めればいいってわけではありません。後輩の思い付きとかをいちいち褒めてるようだと、あの上司は甘いから適当に仕事やってればいいやみたいな認識をされる可能性があります。後輩が悩み、考えぬいた末に、出したアイディアや成果物を褒めてあげることが効果的だと思います。特に若い人は粘り強く考えることが苦手です。ビジネスパーソンとして成長させるために、考える力は重要となるので、そこを伸ばして上げれるように導いてあげるとよいでしょう。具体的には何か課題を与えた際に、最初に持ってきた回答でよしとせず、追加で考える観点をその場で上げさせて、追加で検討させるみたいなことをし、何度か繰り返した後に、よく頑張ったと褒めてあげるのです。

公平性を忘れない

人間なので正直人の好き嫌いはあります。が、仕事の場(とくに後輩と接する際に)、好き嫌いを表にだすことは論外です。チームメンバーと接する際は公平性を常に意識してください。そのために、やたら特定の人ばかり褒めるというのはNGです。ちゃんと全員の行動を見て、褒めるべきポイントで全メンバ公平に褒めるようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です